News Archive : Japan Real Estate

Friday, November 18, 2005

Perusing Pad Photos on Phones : New Mobile Real Estate Service Launched

UNITEDROOMS、携帯向けに不動産物件情報の映像制作・配信
VentureNow
2005/11/17 12:02 <http://www.venturenow.jp/news/2005/11/17/index.html#010652>

 不動産映像の制作・配信サービスを提供するUNITEDROOMS株式会社(以下UR、本社:東京渋谷区、代表:伊藤俊平)は11月16日、携帯電話向け不動産物件情報の映像制作・配信サービスを本格的に開始すると発表した。

 これは、物件情報を保有する不動産会社を対象とし、物件を撮影し携帯電話用Webサイトにその映像を掲載すると同時に、FOMAおよびauからの閲覧が可能な2次元バーコード(以下QRコード)も発行するというサービス。利用価格は、1部屋につき3万6,000円、携帯向けWebサイト1件につき1万5,000円となっているが、これら料金内に撮影費用/撮影機材一式/機材搬入費/照明費用/編集・加工費用/URL発行費用・サーバー保管/配信費用も含まれているとのこと。

 またURはこのサービスの本格開始にあたり、携帯女性ポータルサイト「girlswalker.com」内に展開する不動産賃貸サイト「デコリビング」に物件映像を提供するほか、フリーペーパー「学天」に物件映像へアクセスするための2次元バーコードを掲載することも発表。

 これによりモバイルユーザーは、携帯電話不動産店舗およびWebサイトに加えQRコードで簡単に携帯電話からも物件情報を収集することが可能となる。

 今回の件についてURは、「まず3G携帯の利用が拡大してきたこととQRコードが普及し始めたこと、そして不動産業界にとってはデジタル展開のみならず『紙媒体』も重要なファクターであることから、紙との親和性が高いQRコードを活用したサービスにはニーズがあると考えたのがそもそものきっかけ。その後クローズドで実験的に検証を進め、今回のサービスインに至った。これにより不動産会社は既存の紙情報を活かしつつ、より雰囲気の伝わりやすい映像による情報を提供し、更なる購買欲の喚起につなげることが可能になる」とコメント。

 「今後は全国の不動産店舗を対象に、張り出し用間取り図や交通広告/折込チラシ等あらゆる不動産物件広告への2次元バーコード提供を進めると同時に、撮影から編集までを手がける事のできるURの強みを活かしたサービス展開を進めたい」と話しており、物件情報誌やモバイルコンテンツらとの提携も進めてサービスの拡大を図り、携帯関連事業で初年度売上1億円、5,000棟の撮影を目指す構えとした。

UNITEDROOMS株式会社
<http://www.unitedrooms.com/>