News Archive : Japan Real Estate

Thursday, November 24, 2005

Toranomon Capital Announces Hospital Investment Fund

病院を対象とした不動産ファンド事業を展開、虎ノ門キャピタル

2005年11月22日 11時23分

虎ノ門キャピタル(本社:港区)は、病院の経営再建策の一環として、病院の土地・建物を対象とした不動産ファンド事業に乗り出す。2005年2月に病院再生事業を手がける新会社の虎ノ門キャピタルメディカを設立し、すでに経営コンサルティング業務を手がけている。

経営再建を目指す病院の土地・建物を買い上げて、そのまま病院側に賃貸する。病院側にとっては、金融債務の圧縮やバランスシートの改善を進めることができる。不動産の取得価格は医療事業のキャッシュフローで評価する。経営改善を進めるなどで病院の収益力を高め、一定の賃料収入を確保する考えだ。複数の病院の土地・建物を取得し、100億円程度の規模になった時点でファンドを組成して投資家を募る。全国の病院を対象としており、取得する不動産の価格は1物件当たり5億〜15億円程度になる模様だ。